ゲットシリーズの「口コミ」は大好評 2018年度

こういった漫画で学習する本をはじめて買いましたが、他の「小学生からのまんが勉強本シリーズ」も気になります。娘は、行儀が悪いのですがトイレで毎日読んでいます・・・。今年の夏休みまでにはしっかり読んでもらって、上手に文章を書けるようになってもらいたいです。

コチラです!

2018年01月06日 ランキング上位商品↑

ゲットシリーズちびまる子ちゃんの作文教室 日記、読書感想文ほか中学入試問題にも対応 (満点ゲットシリーズ) [ さくらももこ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

まずこの本がおもしろい企画だと思ったのが!キャラクター原作が「さくらももこ」で!著者が「貝田桃子」という方だということ。それぞれ短い文例ですが、読み手を惹きつけるためのポイントがしっかりおさえられているのがいいですね。ブログ「遊んで学ぶお父さん」(実験・工作・自由研究・遊びのブログ) 管理人uronpoi今度小学校3年生になる息子は作文が苦手です。あとは地道に実力をつけるべく努力あるのみ。中学受験まで使える内容と書いてあります。ストーリーはマンガで書かれているので分かりやすい!説明ページは、小さな字でギッシリ!!真面目な参考書のようです。作文の苦手な小4の娘に買いました。とても良い買い物をしました。このシリーズの他の本も買い揃えてみたいと思いました。内容も漫画をまじえてのものなので!飽きずに読み進められると思います。。新一年生の弟もいるので!2人で読んでもらえたらと思いました。受験の予定はありませんが!長く使えるという点で!良いです。マンガで分かりやすく解説していますので、作文のコツみたいなものは掴めてきたようです。他のこの系の本は読書感想文のテーマに焦点を当てていますが!この本は日記や報告書なども題材にされていて一冊でカバーできそうです。今のところ自らなかなか手に取ってくれないのが残念ですが、日記、手紙、新聞、感想文など様々な文章の書き方が説明されているので、必要な時に参考になりそうです。さて本の内容ですが!黒と赤の二色刷りで!良い文と悪い文の比較や!原稿用紙に書くルールを例文で添削する解説があります。また!作文だけでなく!感想文や手紙文!俳句短歌などさまざまのっています。私も読んで上手にアドバイスできるよう勉強したいと思います。まる子ちゃんと一緒に!楽しくしぜんに作文の書き方のコツを覚えていきます。でも、2色刷りなので見やすいです。小2の娘に。型通りの作文を書いてほしいわけではありませんが、自分で読んでヒントをつかんでもらえたらと期待しています。まだ全部読み終えてはいませんが!漫画も入っているので親しみやすいようです。漢字にはルビがついているし、マンガも交えて説明してくれるので子どもが読みやすいかと思い購入。まだ漫画の部分しか読んでいないようですが!大人が見ても楽しめました。分かりやすいのも大切ですが!楽しく読めるようで!なんども繰り返し読んでいます。作文や読書感想文など!自分で文章を書くのが苦手な長男にプレゼントで買いました。このシリーズ!集めたいと思います。ちびまる子ちゃんの挿絵とミニ漫画もあって、子どもたちはとっつきやすく読みやすい本だと思いました。購入しました。題材もちびまる子ちゃんらしいネタで楽しみながら親まで読ませてもらいました。ポケモンだったら読んでくれたかなぁ・・・笑作文・感想文・意見文から手紙・ハガキの書き方まで、様々な分野の文章の書き方がわかりやすく書かれていると思います。こんなミニ漫画があるので、読みやすく分かりやすいです。漫画や雑誌は読むのになかなか本は読まない息子ですが!まるちゃんなら読んでくれるかなぁと思ってプレゼントしたのですが・・・ちらっと見ただけであまり読んでないようです。作文は小学生から大学受験までずっとついてまわるものなので、なるべく苦手意識を持たないようにする為に、子供への購入。読書感想文から!説明文!慣用句!などなど!普段の学習や宿題で行き詰まる度に「作文教室」を開いて!参考にしながら!学習を進めていけそうです。高学年になると説明ページでしっかり自己学習。小学三年生の作文対策に。作文の苦手なわが子に、と思ったのですが、漫画仕立てなのに、結構、ピンポイントで要領をえるようなことが満載で、とてもためになります。全学年を通して使えそうです。このシリーズのほかのも買ってみたいです。じっくり見てみると、ほぼ全ページに挿絵やミニ漫画が入っています。「おこずかい」じゃなくて「おこづかい」だよ。これ一冊で私もかなり勉強になりました。まずブックカバーがカラフルで!子供が興味を引くものだと感じました。同じ作文ということで!ブログで記事を書くうえでも!大人にも役立つ内容でした。低学年のうちは、マンガを読ませて、親が少し説明を加える。内容は小学生レベルのものです。小学4年の娘にが、作文の宿題が出るようになったので、参考までに。作文が苦手な子供たちへ買ってみました。低学年なら親が一緒に読んであげないと難しいですが!高学年まで長く使えそうで買ったかいがありました。原稿用紙の使い方、段落分け、丸と点のつけ方など初歩的なことから悪い文、良い文の比較も載っているので使える本だと思います。著者は、第48回読売教育賞国語教育部門最優秀賞を受賞されている高等学校国語科教諭です。